新会社設立のお知らせ


このたび、ネットワークソリューションの提供を目的として新会社「株式会社ティオネット」を設立致しました。

クラウドサービスがエンタープライズ市場に広がって行く中、ネットワークの重要性はますます高まっています。しかしながら、ことにSMB市場においては、自社のネットワーク環境が把握できていない、気軽に相談できるベンダーがいないなど、普及を阻む一因となっていました。

そこで、これまで個人事業として展開してきたネットワークソリューションを正式なメニューとしてご提供するために、新会社の設立に至りました。

当社のメインサービス「エクスプレス30k」は、3万円(税抜)で、ネットワークに関するありとあらゆるご相談にお応えする
サービスです。

本サービスにおいては以下のような実績がございます。

  • システム担当者が退職してしまい、ルータの設定がわからない。障害時のためにコールドスタンバイ機の準備をしたい。
  • →configの精査からネットワーク構成図の作成、コールドスタンバイ機の準備および切り替え手順のご説明

  • ルータの設定を業者に依頼したが、なぜこのような構成になっているのかわからない
  • →構成を見直しシンプルにすることでインターネット接続の高速化を実現しました。

  • ネットワーク機器を購入したが、本番投入時に正しくシステムが動作するか不明である。切り替えテストを土日に行いたいが、購入元は土日のサポートを受け付けていない。
  • →切り替えテストに立ち会いをさせていただき、いくつか発生した原因の切り分けをご支援しました。

  • 拠点間VPNとデータセンタに接続するVPNの構築ベンダが異なり、ベンダコントロールが難しい。
  • →ネットワーク構成全体の把握から、各ベンダ様とのコミュニケーション、切り替え日当日の立ち会いを担当しました。また、その後の継続的なご相談にもお応えしております。

他ベンダ様の構築したネットワークや複数社に跨がる各種調整は、業界にほとんど担い手がいないのが実情です。しかしながら、SMBを中心としたお客様においては、調整を自社の要員で賄うことが難しかったり、マネージドサービスのコスト負担に耐えられないなどの課題を抱えておられます。当社はこのスキマを埋めるべく、ワンショットで必要なときに必要なだけご活用いただけるサービスを提供することによって、お客様のベスト・パートナーとなることを目指し、全力で事業に取り組んで参ります。

注記:本日は2017年4月1日でございます。