#ssmjp 2017/03 に参加してきました


参加してきたというか会場提供者でした。しかしながら当日のドアマンとか会場設営とか片付けとか、ほとんどよこたんがやってくれたので僕はほとんど何もやってません…セミナールーム借りるためのデヂエ書いたくらいです。

今回openSUSEを大いに語る回ということで、emojiメンテナのisseiさんの発表以外はopenSUSEづくしの内容となっておりました。

openSUSEの回だからなのか、圧倒的スーツ率です。こんなにスーツ率高いssmjpははじめてかもしれない。というかこのセミナールームで開催される勉強会としても異例のスーツ率です。

ちなみにopenSUSE(おーぷんすーぜ)の綴りを間違えると、公式アカウントにおこられるらしいのでみんな気をつけましょう。ポイントはたぶんこんな感じ。

    • 最初のオーは小文字(Openではなくopen)
    • SuSEではなくSUSE(ユーが小さいのは昔)

ちなみにこのカメレオンの名前がgeeko(ぎーこ)ということらしいのですが、政治的理由により「geekoという名前を使うな」という圧力があるらしくその時はただのカメレオンなんだとか。

タイムテーブルはこんな感じ。
 

時間 喋る人 内容
19:50-20:00 @isseiさん emojiたーのしー!
20:05-20:35 @ftakeさん openSUSEってなんぞ?
20:35-20:55 k.hashimotoさん openSUSEの半分は優しさで出来ている。
20:55-21:15 Satoさん LinuxDesktopで開発すること
21:15-21:30 @hisa_xさん ギーコと私と台湾と
21:30-21:40 ノベルティプレゼント大会

体系的なまとめはブログ書くフレンズが書いてくれると思うので、私は自分が気になったポイントだけ書こうと思います。

@ftakeさんの「openSUSEってなんぞ?」。

RedHat系でもDebian系でもありませんとのこと。どっちかじゃないといけないの?というか、日本はCentOS(エンタープライズだとRHEL)のシェアが大きすぎてねー。個人向けだとUbuntuが人気らしいっすよ。なんでかは知らんが。

でもパッケージ管理システムはちゃんとありますよ、という話。例がておくれてる。
openSUSEは2011年からsystemdだそうで、「今更何を騒いでるの」って感じだそうですが、今でも「なんでその知識レベルで7選んだし…」ってケースは少なくないです。素直に6選んどけって思ってます。その案件は今でも7で進めてるらしいけど。

ローリングリリースな奴とそうでない奴があるそうです。

ちなみにスライドの写真がないが、openSUSEのデフォルトのファイルシステムはbtrfsだそうです。btrfsって使い物になるんか?(自分では使ったことないので偏見ですがいい話を聞いたことがない)

これはさとうさんのスライド。どうやら環境がすぐぶっ壊れるので環境を復元しやすいということでSUSE使ってるとか。SUSEユーザはなんでSUSE使ってんだろってずーっと疑問でしたが、今回のさとうさんのスライドで「なるほどなぁ」と思った次第。

最後はノベルティプレゼントじゃんけん大会。

ワタクシは薄い本をゲットしました。わーい!

Gent◯◯の人がぎーこゲットしてました。すごーい!

で、ssmjpでは会が終わった後に次回予告と募集の開始をするのが通例になっているのですが、今回はまだ次回予告はなし、別途とのこと。

いじょ。