Slack通知に対応した死活監視SaaS


この記事は Slack Advent Calendar 2016 25日目のエントリです。

さくらのクラウドシンプル監視というSaaSがあるのをご存じでしょうか。pingやhttpの状態監視をして、Down/Upの通知をしてくれるサービスです。対応しているプロトコルはこれだけあります。

もちろん監視先はさくらのクラウドのサーバでなくてもOKです。さくらのVPSでもさくらの専用サーバでも、他社のサーバでもOKなのですが、さくらインターネットのIPアドレス宛の監視は無料になっているので、さくらのクラウドのアカウントを作ってさくらのVPSを監視するとか、シンプル監視だけ使ってらっしゃる方もいるようです。

ちなみに無料になるのは監視対象をIPアドレスにした場合のみです。FQDNを使った場合は、宛先がさくらであっても有料になってしまうのでご注意ください。これは、IPアドレスがさくらインターネットのASに属しているかを判定しているためです。有料・無料判定の実装については弊社フルスタックエンジニアがまとめているので、興味がある方はご参照ください。

ちなみにこのシンプル監視の仕組みを応用して料金アラート機能を実装していたりもします。

画面はこんな感じになっています。

通知先のところで「Slack」にチェックを入れると、Incoming WebhookのURIを入れるテキストボックスが出てきます。

実際にはこんな感じで通知されます。

自分で監視サーバたてたり、設定に難儀したりしなくてよくなるので、興味のある人は試してみてください。