KUSANAGIへ簡単お引っ越し&パフォーマンスチューニングの勘所


この記事は KUSANAGI Advent Calendar 2016 24日目のエントリです。

このサイト、当初は某レンタルサーバで運用してたんですが、アドベントカレンダー特需でPVが一気に増えたので「たぶんこのタイミングでやらないと一生やらない」気がして、KUSANAGI for さくらのクラウドに移行しました。

※ちなみに、2016年12月22日現在、「黒い画面を一切使わずにKUSANAGIがセットアップできる」のは、全15プラットフォームのうち、EX-CLOUDさくらのクラウドの2つだけだそうです!是非さくらのクラウドを!さくらのクラウドをよろしくお願いします!!

移行にあたってはAll-in-One WP Migrationというプラグインを使用しました(この方法がベストかどうかはわかりませんが)。

つかいかた

1.移行元のWPにプラグインを入れます

2.Exportします

3.とりあえず今回はファイル化してダウンロードすることにします

4.ファイルのところがほわんほわんするのでクリックしてファイルをダウンロードします

5.移行先のWPにプラグインを入れます

6.Importします

7.4.でダウンロードしたファイルをドラッグアンドドロップして移行

記事や画像に限らず、テーマやプラグインも移行してくれるので、とてもラクでした。

ただ、KUSANAGIに移行するとですね。ページ開く際のレスポンスタイムが可視化されるわけですよ。めっちゃ時間かかってることがわかりまして。

「仮想マシンのスペック上げればどうにでもなるやろ」とか思ってたらなりませんでした。中の人のアドバイスでも「サーバのスペック上げろ」ではなく「プラグインの見直しとHTTP/2化」を挙げておられたので、プラグインの動かしすぎや重いプラグイン動かすのは基本的にスペックで殴って解決というわけにはいかないようでございます。

といったような感じで、KUSANAGIの知見を皆で共有したいなと思いまして、ユーザーグループを立ち上げました。
1/26に新宿で第1回勉強会やるので、是非奮ってご参加ください。今のところ純然たるユーザーよりも中の人のほうが参加人数が多いです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です